ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

ロッド製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。    
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

2018 6/14 NEW 7’03” #3 3P 薄墨 プロトのテスト渓流釣行②。

今回も、NEWロッドの7’03” #3 3P 薄墨 プロトのテストで近くの川へ。

早朝、4時半到着。

本流の中流部。朝から気温は高い。

 

平水だが水温は高め。

 

 

 

 

 

 

 

 

3番のラインには少し広めのポイント。

日の当たらない、まだ涼しい時間帯でも瀬から出てくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はヤマメの川だが・・・

メイフライやスパイダーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッドが軽いのですべてが楽。メンディングも軽快。

 

 

 

 

 

 

 

 

大物は姿を見せないが、

 

 

 

 

 

 

 

 

太くて体高のある元気な奴。

 

 

 

 

 

 

 

 

適当に釣り。

日中は移動と休憩をゆっくり。

 

夕方は5時頃から。この渓はイワナも混じる。

タイトな川幅で広葉樹が多いのでラインは伸ばせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドキャストを多用するポイント。

暗いカラーの蜉蝣を模した毛針で。良型のイワナ。

 

薄暗い樹木下でパワフルなヤマメ。

流芯の向こう側をフライ先行で流すキャストで。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いポイントでは低いライン軌道の一投勝負。

 

 

 

 

 

 

 

 

型はともかく、思った通りに気持ちよく。

 

よかった。

さあ、帰ろう。

帰途に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 6/4 NEW 7’03” #3 3P 薄墨 プロトのテスト渓流釣行。

暑さから逃げるため、近場で涼しい渓に行ってきた。

5時半ごろ到着。

 

今日の目的は NEWロッドの7’03” #3 3P 薄墨 プロトのテスト

まだ、ネームも番手も未記入。

 

グリップもテストのクワッドタイプ。

人差し指と親指のかかる部分のみ■になっている。

狙いは握り位置の安定とラインの直進性の向上。

 

使ってみると、リーダーキャストが凄く良い。

なので、ショートレンジでのイワナが釣りやすい。

で、

早速


 

 

 

 

 

 

 

連続で、


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小渓流で特に。

振り幅を小さくしても打ちやすい。


 

 

 

 

 

 

 

枝掛かりも少ない。ライン軌道も低い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気なヤマメも。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いテストが出来たので、早めに帰途へ。

 

 

 

 

 

 

富山のK様より。

ロッドユーザーでもある京都のN様より、

富山のK様との同行釣行時に

富山のK様が気になっている 7’03” #4 3P 半透明カラー 

での試釣を希望されているとご連絡を頂き。

京都のN様に7’03” #4 3P 薄墨 プロトを持って行って頂きました。

 

すると、短時間の試釣りで・・・


 

 

 

 

 

 

 

 

 

超大物!40オーバー!!! 素晴らしい。

 

で、直ぐにご購入頂きました。(笑)

 

すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入魂。さすがです。

 

K様、ご購入、お写真ありがとうございます。

N様、大変お世話になりました。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 5/22 渓流釣行

天気も良さそうだったので、近くの渓に行ってきた。

5時頃到着。快晴、気持ち良い気温。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渇水気味だが虫は出ている。

ロッドは 7’03” #4 3P 薄墨 プロト。

 

黒いカゲロウの毛針で直ぐに反応が。

 

 

 

 

 

 

 

 

次々と。

 

 

 

 

 

 

 

 

体高が有って元気なヤマメ・アマゴ達を数匹。

 

光が強くなり暑く。

昼食を取り、渓を換える。

 

イワナ、ヤマメの混生。

 

夕方まで涼しい所で休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

良型が。

 

 

 

 

 

 

 

 

数匹のイワナを気持ちよく。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマメも混ざる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブニングは中流で。

入渓すると目の前のプールでライズ。

12番のメイフライパターンで。1投。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀毛で体高もある幅広。強い引き。

 

良い一日を締めくくった。帰路に。

 

 

 

 

2018 5/14~5/15 遠征釣行

ロッドユーザーでもあるIさんにお誘い頂いて、東へと遠征してきた。

降り続いた雨で何処も大増水。

Iさんの予想で大丈夫そうな渓を選ぶ。

 

1日目の早朝はまだ雨模様。

到着する頃には止む。

 

3割ほど多い水量。肌寒いほどの気温。活性は良くない。

 

IさんはNEWロッド。7’03” #4 3P パンプキングリップの山桜色。

私は 7’03” #4 3P プロト。フルウェルグリップの薄墨色。

 

 

 

 

 

 

 

 

中、小型のイワナがぼつぼつ釣れてくるが良型は出ない。

雨で他の川が増水している為か人が増えてくる。

 

今日の宿泊場所までかなり時間がかかるので早めに納竿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川の状況を見ながら走り、宿の温泉で体を癒す。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝は薄暗いうちに宿を出て入渓場所近くで気温が上がるのを待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が当たりだす頃、入渓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日と同じ道具を選ぶ。

水はまだ多め。

 

 

 

 

 

 

 

Iさんはコンスタントに釣る。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、良型。

 

 

 

 

 

 

 

私は苦戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩はのんびりと。小さなこれで乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

人もイワナも活性が上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Iさんはいつものように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方に向けヤマメ域に。

 

カディスのライズでヤマメを釣るが型は上がらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの温泉を楽しみ、帰途に着いた。