ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

Fiberglass Fly Rod製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

6月26日~27日 奥飛騨遠征釣行

近くの川は標高も無く日中は釣りになる場所が少ない。広々とした涼しい川は皆無。

なので涼しくて日中も釣りになる所に行ってきた。

メンバーは私と矢野シルクラインの矢野氏、いつものN氏、初同行のT氏の4人。

都合で出発は11時半。今日はイブニングのみの予定。

夕方5時すぎ、平湯にあるFLYTOP吉本氏のもとへ到着。

有難い事に、宿泊と釣り場の案内をお世話して頂けるとの事。

早速、釣りの用意を整えイブニングのポイントへ。

時間が無いので2人・2人・1人で分かれて入渓。

遊漁券は吉本氏が漁協の方なので用意して頂いた。

水生昆虫が豊富な川なので蜉蝣を模した毛針を取り付ける。ロッドは7’03” #4。

近所では味わえない広く澄んだ川から美しいヤマメ。

そして、イワナ、強いレインボー!

7時半頃暗くなり終了。宿泊先に向かう。

元料理人の吉本氏からの心のこもった料理をいただきながら宴会で盛り上がり、

深夜まで語り明かした。

翌日は遅めの起床。飲み過ぎのつけでふらふらする。

吉本氏の案内で標高の有る渓に。

ヤマメとイワナの混生域。定位するヤマメも見える。

分流の合流部、猫柳の影で。7’03” #3  に蟻の毛針。

良型のヤマメを狙う機会があれど前日の飲み過ぎが祟る。

日照の強い時間帯は昼食をゆっくり取り、イブニングに賭け本流に。

数匹のヤマメとイワナ。

喰いついた途端、対岸の柳の根っこに突進し毛針を引きちぎって行ったレインボーで

終了。

FLYTOP吉本さん、何から何までお世話になりありがとうございました。

今後共宜しくお願い致します。

6月19日渓流釣行

少し前に雨が降ったが梅雨にはならない。

おそらく渇水気味のいつもの川に行ってきた。

朝一の本流を期待して4時過ぎ到着。

7’06” #4 に#8の毛針。流芯脇で数度のアタックはフッキングできず。

陽が当たり気温が上がる前に下流の場所へ。だが、無反応。

9時半頃。影が無くなり日差しがキツイ。

スーパーマーケットの開店に合わせて休憩に。食糧と飲み物を買う。

3時頃。まだ気温も高く日差しも強い。標高の有る源流域に移動。

6’00” #3 にアントや甲虫の毛針。

7’03” #3 に換え、少し下流に。

6時半頃、中流部でヤマメを狙う。再び7’06” #4  に#8前後の毛針で。

フタスジモンカゲロウに似せた毛針に喰いついた。細見だがパワフルなヤマメ。

前回、取り逃がした取水口の奴。またもや下られてブレイク!!

暗がりの中、うなだれながら車に戻り帰途に。

6月12日渓流釣行

6月の中旬近くになったが、良く行く渓は雨は少なく渇水気味。

朝、暗いうちに中流域で良型ヤマメを狙う為に4時半頃到着。

7’06” #4 に #8~#6の毛針。

思った通りのポイントで喰ってきた良型は毛針にのらず、

やっとの事でかけたヤマメにもローリングで外される始末。午前の部終了。

今日も快晴、日差しが強い。

10時過ぎには近くのスーパーで昼食と飲み物を購入。

日差しが弱くなる夕方4時頃まで涼しい所で休憩。

標高の低い河川での、私流過ごし方。

4時過ぎ頃、再始動。木陰のあるイワナ域をのんびり釣り上がる。

7’03” #3 に甲虫やアリの毛針。黒っぽいのが良い。

6時過ぎ、中流に移動。 7’06” #4 に持ち替え、影になった河を釣り上がる。

良く引いたヤマメ。#8蜉蝣の毛針で。

暗闇が迫る時間に、前回逃した農業用取水口前に潜む奴を狙う。

出来るだけ近づきダウンクロスの1投勝負。#10カディス。

暗い流れに白く大きな口!!喰ってきた! かかって直ぐに斜め下流に走る。

またやられた。取水口横の細流から落ちてブレイク。

次回の攻め方を考えながら、闇の中を車へ戻り帰途に。

5月29日渓流釣行

渇水が続き、日中は晴天の日が多いが良型のヤマメを期待して出かけてみた。

5時半到着。

朝から気温が高い予報。水の多い本流の淵を朝一から狙う。

7’06” #4 使用。陽が川面に当たるまでが勝負。

しかし、今年放流された小ヤマメのみ。直射日光が気温を急激に上げる。

木陰のある最上流部に移動。ロッドを7’03” #3 に持ち替えて。

アントを模した毛針で影を狙うと。

川を換え樹林帯の渓。

涼しい!ハッチは無いが反応は良い。

昼食を取り、山の影に川が隠れるまで昼寝。

5時頃、再始動。中流部を目指す。

やはり少し減水している。再び、7’06” #4 で。

ヘッド&テールで喰い、下流に疾走した雄ヤマメ。

暗くなる少し前、ゆっくりと出たパワフルな雌。

暗闇間近の瀬で。

あと数匹は悔しい思いをしたが、良い1日だったと思いながら帰途に。

5月22日渓流釣行

気温が高く雨の少ない日が続いている。

2日ほど雨が降り、少し水が良くなった事を期待して行ってきた。

影の無い、中・下流部は陽が当たると朝は釣れなくなることが多いので5時半頃着。

ゆっくり用意をしていると、200m程上流に陽が当たり始めている。

7’06” #4 のロッドを持ち慌ててポイントを目指し歩く。

低い堰堤下流にある長いプール。流れ込みが2つあり10番~12番位の蜉蝣が飛んでいる。

期待したほど水は増えていない、水田の影響か。

太い方の流れ込みの芯で良い型のヤマメが出たがのらない。

稚魚放流のヤマメがつついてくる。陽が当たりだすと反応が無くなってきた。

結局5寸ほどが2匹のみ。暑くなってきたので樹木のある上流に移動。

7’03” #3にロッドを換え、イワナを数匹。

日差しが強烈なので夕方まで休憩。

5時頃再始動、中流に移動。ロッドを#4に持ち替える。

対岸の流れで蜉蝣を模した11番の毛針を飲み込んだ雄。

体高が有るので重量感が気持ちいい。

良型そうなのを2匹も取り逃がすと夕闇が。帰途に着いた。