ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

ロッド製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。    
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

2017 8/23 避暑渓流釣行

8月も終わりに近づいたが毎日暑い。

避暑ついでに釣りに行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

出発が遅くなり到着は9時。

既に気温は高く、中下流は無理。涼しい高原の源流を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

車を置き、自転車で林道に入る。

 

気温は23℃。

 

川幅の狭い渓なのでロッドは6’00” #3 3P。

テレストリアルでの釣り。


 

 

 

 

 

 

 

ポイントごとに釣れるチビアマゴに飽きて移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

この川は枝沢ごとに魚種が違うので面白い。

 

次に釣れたのはこの魚。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

このサイズは良く釣れるが、

たまにかかる良型は木の根などに逃げ込む為に切られてばかり。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

涼しくて快適だが良型には縁が無い。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

他の枝沢でイワナも釣れたが小型ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方近くになって移動。

 

ロッドはプロトの 7’03” #4 3P 半透明の薄墨色。

 

前日に雨が降り増水しているが

日暮れ前の活性が上がったタイミングでやっと出たイワナ。


 

 

 

 

 

 

 

小さなイワナを追加しただけで暗闇になり、終了。

帰途に着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 8/19 中部地方遠征釣行

毎日暑い日が続くので、N氏と2人で涼しい高原に行ってきた。

 

早朝4時半ごろ到着。支流の下流部だが14℃とかなり涼しい。

 

ロッドは使いやすい 7’00” #3 3P 使用。

気温が上がるまで下流で釣る。

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゴとイワナの混生のエリア。

入渓して直ぐにビートルで小さなイワナ。

 

少し上流のヨレで綺麗なアマゴが。

このサイズでも良く引く。

 

 

 

 

 

 

 

 

この地域のアマゴの特徴が良く出ていて、顎の感じが素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな堰堤下でもスパイダーに。

 

 

 

 

 

 

 

 

イワナは全体に小さく岸際に、アマゴは流芯に居て良く太り、住み分けているようだ。

 

雰囲気の良い枝沢にも入ってみた。

 

N氏は調子良くアマゴ・イワナを釣っている。

私は小型のアマゴのみ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中流に移動。

 

人気河川の為か反応は少ない


 

 

 

 

 

 

 

近畿ではかなりの良型でないと見られない顔つき。


 

 

 

 

 

 

 

昼前に暑くなってきたので上流を釣る。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に反応が無い。天気が良すぎるのかも。


 

 

 

 

 

 

 

最上流エリアで小型のヤマト。


 

 

 

 

 

 

 

遅い昼食後、釣れないので夕方まで昼寝。

 

イブニングは下流を狙うが不発。

帰途に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 8/3 島根源流釣行

連日、暑い日が続くので、のんびり島根まで行ってきた。

 

0時出発。神戸からでも島根は結構遠い。

 

目当ては妖精のようなイワナ=ゴギ。

場所によって呼び名は変わるようで、今回の地域ではコギと呼ぶ。

 

真夏なので、あまり標高のない島根の川の最上流を釣る。

 

 

 

 

 

 

 

 

水はすくないが、小さな沢が多く環境は良さそう。

ロッドは6’00” #3 3p。 源流のコギ釣りに丁度いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなポイントを小さなビートルやアントで優しく釣ると。

 

 

 

 

 

 

 

 

見ていなと飲み込んでしまいそうになる。


 

 

 

 

 

 

 

サイズは出ないが美しい。


 

 

 

 

 

 

 

ポイントごとに。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

色も形も棲家ごとに。


 

 

 

 

 

 

 

如何にも、もののけ姫の森?

たたら場も残っている。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

9寸程が出たが・・・


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てネイティブ。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

帰りにヤマメを釣るが


 

 

 

 

 

 

 

温泉に浸かり、帰途に。

 

 

 

 

 

2017 7/25南アルプス釣行 2日目

飲みすぎた為か2人共、体調不良。

Iさんは酷そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

予定より1時間遅れでの出発。

気温17℃、快適。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もテストの為に持ってきたプロトタイプの7’03” #4 3P 半透明、薄墨色を使う。

 

入渓すぐからイワナの反応が良い。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

Iさんはまだ体調がすぐれないらしい。

しかし釣る。


 

 

 

 

 

 

 

アベレージ、良く引く。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸生昆虫が豊富なのかよく太っている。


 

 

 

 

 

 

 

次々に


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

帰りに時間がかかるのもあって、早めに川を後にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる下流の支流に寄り道。

小型ばかりだが、イワナの川。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

上流は昼でも暗いゴルジュの谷。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの温泉に浸かり、

帰途に着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 7/24南アルプス釣行 1日目

暑い日が続き、涼しい所で釣りをしようと、Iさんに案内して頂いて

南アルプスの川に行ってきた。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着したのは朝10時ぐらい。

ヤマトイワナとアマゴの川。

 

ロッドの最終テストの為に持ってきた 7’03” #4 3P 半透明の薄墨色を使う。


 

 

 

 

 

 

 

標高1300mを超えるので気温は20℃程。風が吹くとかなり涼しい。


 

 

 

 

 

 

 

水に入ると魚の影が走る。

岸際ですぐに反応があり


 

 

 

 

 

 

 

Iさんはコンスタントに良型を


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベレージは9寸程。

 

大型は出ないが


 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと釣り上がる。

 

休憩に、いつもの一杯。


 

 

 

 

 

 

 

その後も、

Iさんは良型を。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

私はポツポツ程度。

 

宿の夕食が早いので、明日に期待して切り上げる。

 

風呂上りにキューッと。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高1300mの山小屋で・・ イタリアンにワイン。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は尽きず。


 

 

 

 

 

 

 

虫の声と星空を肴に、静かな宴会。

夜が更ける。

 

涼しいベッドで就寝。