ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

ロッド製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。    
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

2017 5/18 サクラマス&渓流釣行

渇水に向かっている事は先週で分かってはいたが、

今シーズン最後のサクラマス釣行に行ってきた。

 

気温も水温も高そうだったので早朝5時着。

 

オリジナルのグラスダブルハンド6番にインターミディエイトティツプ、

4番のカディスと6番のメイフライの2本針。


 

 

 

 

 

 

 

深そうなところを選び探っていく。

快晴の日が当たりだすと気温が上がり、9時半には28℃まで上がる。

ハッチも少なく活性は乏しいようだ。


 

 

 

 

 

 

 

11時には30℃。

正午頃、暑さに負ける。

 

昼食を取り、涼しいイワナ域に。


 

 

 

 

 

 

 

しかし、良すぎる天気の為か全く反応が・・・

 

夕方になり本流へ移動。ロッドは 7’06” #4 3p。

先週引きちぎられたポイントへ・・お留守のようでした。

 

夕暮れが近づくと何やら大型のメイフライのスピナーか舞い始める。

フタスジモンカゲロウの大量ハッチのようだ。

川原の水たまりに大量の死骸が溜まっている。

 

さらに乱舞する数は増え、口に入ってくるほどに。

 

上流の腰ほどの水深がある瀬でライズが始まる。

 

モンカゲロウの大量ハッチの時、

意外とモンカゲロウパターンのフライは良くない。

いつも同時に出ているカディスで釣る。

ナチュラルに流してみると、吸い込むように食いついた。

 

何度も回転しながら走り回る銀毛の魚体。

良型には少し足らないが太ったヤマメ。

 

ネットに入れラインを回収している時、

ジャンプして流れに戻りティペットを引きちぎって逃げ去った。

 

気を取り直しフライを結び、数投。

ひったくるように食いついた銀毛は

さっき逃げて行ったヤマメよりさらによく引きよく回る。

糸鳴りするほどの走りを止め、ネットで取り込む。


 

 

 

 

 

 

 

この後更に大型のヤマメが出るがフッキングせず。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1匹追加すると反応が無くなり闇に包まれた。

 

車に戻り帰途に。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 5/11 サクラマス&渓流釣行

この時期は河川ごとに雪代の影響が違う。

最近まで多かった水がやっと落ち着き、ハッチも始まった川に行ってきた。

 

しかし、GWに一斉に行われる田植えの影響で下流部では一気に減水傾向に。

 

サクラマスを狙うポイントも少なくなり、幾つかのランを流すが反応が無い。

昼過ぎには早々に切り上げ上流に向かう。

 

だが、エサの釣り人がどっさり。

 

7’00” #3 でゆっくり釣るが1時間以上反応はない。

ここと思うポイントを丹念に流すとイワナが喰ってくれた。


 

 

 

 

 

 

 

釣れてくれた事に礼を言ってやさしくリリース。

 

次に反応があったのは場所を換えて数時間後。

天然のゴギの血を受け継いだような1尾。


 

 

 

 

 

 

 

そして辿り着いた

たまに良い思いをする小規模のプール。

 

良型を期待して丹念に何度も流す。

 

諦めかけた頃、静かにゆっくりと浮上してきた。

一度目は食いつき損ね、二度目にしっかりフッキング。

 

思いがけない強い引き。細いティペットなのに・・


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

なんとか報われた良型。

 

やはりこの7’00” #3 は良い思いをさせてくれる。

使いやすいと釣果に繋がるものだと確信した。

 

ロッドを7’06” #4に。

中流でのイブニングは、正体不明の大型に引きちぎられて終了。

近々再戦!

帰途に着く。

 

 

 

 

 

 

 

2017年 春から、竿が喜んでおります。

いつも美しい大型鱒を仕留められるIさんが、

素晴らしい魚を釣られたので無理を言って画像を頂きました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライズがあったそうですが、激戦区なので簡単なわけはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマメも顎が曲がる程成長した強者。

私では釣れませんわ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

1回の釣行で数も釣り、大型もこの本数。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も良い年になりそうですね。


 

2017 4/14 サクラマス&渓流釣行

まだ雪代があり、水は多いが日本海側の川に行ってきた。

 

朝はまだ寒いので3時半出発。

7時前到着。気温は10℃。

 

昨年作ったダブルハンド 11’06” 4p #6 プロトにストリーマーで開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所を変え、大型ウエットフライで数時間釣るが・・・反応なし。

 

遅めの昼食を取り、雪代で水の多い本流を避け支流へ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のサクラに迎えられ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライズしていた、桜色。


 

 

 

 

 

 

おっとりとしたイワナも。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

イワナばかりかと思うと。


 

 

 

 

 

 

 

太ったヤマメは良く引く。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動は桜吹雪の中を走る。


 

 

 

 

 

 

 

元気で素晴らしく美しい桜色。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

ぼつぼつ。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

日暮れも花見。

冷えてきたので納竿。帰途に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 3/11 高知解禁釣行

関西、中国地方は今年雪が多くまだ寒いので

例年通り高知まで解禁釣行に行ってきた。

 

いつものN氏と矢野シルクラインの矢野氏と私の3人で朝3時出発。


 

 

 

 

 

 

 

コンビニや朝食の為に時間がかかったが8時到着。

川はかなりの渇水。地元ナンバーの釣り人に上流を譲ってもらい入渓。


 

 

 

 

 

 

 

ロッドは6’06” #4 3pプロト。

 

気温は13℃。コカゲロウ他のハッチがあり良い感じ。

すぐに反応があり美しい小型のアマゴがかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2人も渇水の中、ぼつぽつ釣る。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

数匹釣り早めの昼食取る。

 

風が出てきたのでロッドを7’03”#4 3pに換える。

気温が上がりハッチのサイズが大きくなる。

たまにライズも。

 

大胆な喰い方のアマゴも出てくるが・・型が上がらない。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

数は出るが型は上がらず。・・・終了。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

〆はいつもの~


 

 

 

 

 

 

 

徳島らーめん!