ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

ロッド製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。    
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

2018 5/11 渓流釣行

GWも過ぎ、渓流釣りに良い季節になってきた。

暑くも無く、薄曇りの釣り日和。

 

全く釣れない本流を懲りずに巡るがやはりダメ。


 

 

 

 

 

 

 

漁協のおじさんは大ヤマメやサクラマスが中流部で上がっていると情報をくれるが

鵜が原因なのか?一度も出ない。

 

疲れと疑心暗鬼で川を換える。時間は午後4時。

 

ロッドは7’03” #4  薄墨。

時間帯が良かったのか1投目から元気なアマゴが。


 

 

 

 

 

 

 

ハッチも多く、良く見るとライズが有る。


 

 

 

 

 

 

 

流れはゆったりだが水は冷たく

大胆なライズが心を騒がす。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

少し遠いライズを取ると太ったヤマメ。

7’03” #4  では余裕がある。


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

夕闇で見えなくなるまで

釣れつづいた。

 

 

 

 

 

2018 4月の釣行

春に良く行く、サクラマスも釣れる川が去年の秋に荒れ

淵が埋まり、堤や護岸の改修工事が続いているせいか

ルアーでもサクラマスが釣れていない。

 

まあ、私なんて全くダメ。

ハッチも無く水はいつも濁っている本流ではヤマメさえ釣れない。

 

支流をまわって小さなイワナやヤマメに相手にしてもらう日々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤノシルクラインの矢野さんといつものN氏、原田竹竿の原田氏とも

行きましたなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッチが有るところの魚は太っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鵜が多くなったのも問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 3/17 高知遠征釣行

毎年、この時期になると高知の川に行くことになる。

近くの川が良くなる前の恒例で、朝からライズが有るので

大勢でも楽しめる。

 

今回も、私、矢野シルクラインの矢野氏、N氏、ゲストのK氏の4名。

 

釣り人は少ないので、遊漁券の買いやすい時間帯に着くように出発。

8時半頃到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温は14℃だが日が当たっているので温かい。

雪代が無いので水量はいつも多くない。

 

ロッドは薄墨カラーの7’03” #4  3P。

 

 

 

 

 

 

 

 

入渓して直ぐに小さいが美しいアマゴが出迎えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

活性が高いのか良いポイントではコンスタントに出てくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

型は上がらないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼちぼちと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にN氏がプールで今日一の良型を取り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行き付けの店でいつもの徳島ラーメンを食べ。

早めの帰途に。

 

 

夕飯時の海釣り

無性に釣りがしたくなったので近くの海に行ってきた。

 

家から車で10分程の港内。

時間は夜8時。港湾の仕事も終わっている。

 

釣り人が多い都会の底物、根魚は基本夜釣りが釣りやすい。

 

ロッドはカーボンの安物 9’00” #6  2p。

(海水とコンクリートで直ぐに傷だらけになるので。)

 

インターミディエイトかフローティングのランニングライン

にシンキング・タイプⅢ~タイプⅥのショートヘッド。

 

フライは夜光や蓄光が少し入ったクレイジーチャーリーやシュリンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜景を楽しみながら

少しキャストして底をゆっくり這わす。

しかし、反応は少ない。

 

1時間程経った頃、軽い根掛かりのようなアタリが。

あわせると竿先に生命反応が伝わって来る。

 

 

水温が上がってくるとサイズに関係なく良く引くようになる。

しかも1時間以上も釣れないと特に。


 

 

 

 

 

 

もう少し良型だと思いましたが・・・


 

 

 

 

 

 

 

少しして、更に小さいのを1匹・・釣り。

帰途に。アー楽しかった。