ブログ

Glass Fly Rod作りとフィッシングの日々

Fiberglass Fly Rod製作やテスト釣行の場面を書き綴ってみました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

羨ましい写真を頂きました。

I 様より、お友達と涼しい源流釣行の際のお写真を頂きました。

水は多めだったそうですが良型のイワナが多く釣れたそうです。

お写真ありがとうございます。美しく素晴らしいイワナばかりですね、

羨ましい限りです。

2018 8/12 渓流&源流釣行

遠征釣行と思っていたが予定していた方面が大雨。

近郊は暑すぎるのだがいつものN氏が行こうと言うので出かけてみた。

標高の無い川は水温が高い為、釣れる場所を選ぶのが大変。

暗いうちに用意をすませ入渓。

最近雨が多かったがこの川は減水ぎみ。

大物は出ないと 最近よく使う 7’03”#3 を手に取る。

1か月前良かったポイントを狙うがダメ。

少し上流でN氏が良型のアマゴを。

写真を撮っているようなので先行する。

大岩の対岸側の木の下ででライズ。

大型のアマゴかヤマメを期待して1投。

鼻先が水面を割り喰いついた。

アマゴ・ヤマメらしくない重く強い引き。

7’03”#3に頼り無いティペット、汗が出る。

やはりニジマスのようだ、時間は掛かったが取り込めた。

良型の雄、下顎がしゃくれている。

あまり釣れることが無いので取れて良かった。

少し上流で。綺麗なアマゴ。

9時を過ぎ、気温が上がってきた。源流を目指す。

ロッドを6’00”#3に換え。

高原の源流帯は涼しく、魚も型の割に良く引くので楽しめた。

避暑源流釣行

酷暑が続くので体力作りも兼ねて行ってきた。

6’00” #3 にアントかビートルで事足りる涼しい小渓。

しかし、ほんとに涼しいのは日が当たるまで。

木陰を丹念に狙うと。

可愛いサイズのゴギが。

暑くなってきたので標高を求めて。



流芯に定位していた元気なやつ。

小型だがこちらも更に元気。

適当に釣り、夕方まで待つが。

期待には応えて貰えず。帰途に。

源流釣行のお便り。

ロッドユーザーのN様とI様より源流釣行の

写真をいただきました。

例年この季節になると行かれるそうで

いつも通り!の大物を写真に収められています。


 

 

 

 

 

 

 

真夏でも涼しい木陰の源流。


 

 

 

 

 

 

 

貴重な大型ヤマト。


 

 

 

 

 

 

 

純粋な雄の良型。

 

 

源流の主。

 

お・・・おぉ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

流石です。

 

 

 

 

 

 

 

ネットが小さく見えます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気に元の場所に。

 

N様、I様 素晴らしいお写真ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 7/26  渓流釣行

暑い日が続くが気分転換に行ってきた。

早朝、4時半到着。

標高の低い川。

 

気温22℃。湿度が高い。

水温は19℃もある。

 

豪雨でかなり荒れている。

良さそうなポイントを釣り上がる。

 

小渓だが竿は703” #3 を使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が当たり気温が上がるまでが朝の時間帯。

 

すぐに反応はあったが、スラックを取りきれずフッキングミス。

 

 

岩盤沿いの深めの流れ。

甲虫に似せた毛針で。元気なアマゴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

日の当たる場所反応無い。

 

 

暑くなってきたので高所に移動。

 

気温22℃。水温17℃。

湿度が少なく快適。

更に小渓流。6’00” #3 で充分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流芯で。

数匹。

 

 

 

 

 

 

 

 

フラットな流れで。ライズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいした事ないサイズ。だが、良く引く。

 

 

 

 

 

 

 

 

木陰の深み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼を過ぎても26℃。渓の木陰で食事。

クーラーボックスに入れてきたビールとおにぎり。

 

夕方まで昼寝。

 

だが、期待していた川は沈黙。

良くある事・・・帰途に着く。