晩秋の管理釣り場

寒くなる前に、紅葉が美しくドライフライで釣れる釣り場でロッドテストをしてきた。

岡山の湯原温泉にある湯原にじます自然釣り場は紅葉と露店温泉が楽しめる。

大型のニジマスと茶鱒でクリアーカラー薄墨 7f3in #4 と7f9in #4 のテスト。

ミッジとオナシがメインだがテレストリアルでも反応がある。

オナシで朝一のニジマス。湯原生まれの個体が混ざる。

少ないが美形の茶鱒も。朝一が狙い目。

美しい個体はヌメリが強い。

大型も多くロッドテストに丁度いい。

紅葉を眺めつつ帰途に。

9月、シーズン最終章

雨が多く、急に涼しくなった9月。

近くの渓で締め括った。

少し婚姻色の茶鱒。

涼しいが、荒れた川にヤマメはいない・・・水が澄んだ時に少しだけ。

雨の日、源流のイワナも慰めてくれない。

秋色のヤマメでシーズンを終えた。

8月、大雨からの逃避行釣行

最近、極地的豪雨が多く蒸し暑い日が続いている。

それでも釣りがしたいと、いつものN氏が言うので涼しい源流を求めて行ってみた。

明け方に到着するように高速を走る。山間部に差し掛かると大雨に。

天気はめまぐるしく変わって行く。

到着しても小雨が降り続いている。

標高1000mを超えるアマゴとイワナが混生する河川。

大型は出ない、数は多い。

平水の倍はあるので遡行は疲れる。涼しいのが救い。

釣り人が少ないのか反応が良い。

下流の入渓しやすいポイントは不発。

イブニングでこのサイズが連発するが大型が・・・出ない。

帰途に。

羨ましい写真を頂きました。

I 様より、お友達と涼しい源流釣行の際のお写真を頂きました。

水は多めだったそうですが良型のイワナが多く釣れたそうです。

お写真ありがとうございます。美しく素晴らしいイワナばかりですね、

羨ましい限りです。

2018 8/12 渓流&源流釣行

遠征釣行と思っていたが予定していた方面が大雨。

近郊は暑すぎるのだがいつものN氏が行こうと言うので出かけてみた。

標高の無い川は水温が高い為、釣れる場所を選ぶのが大変。

暗いうちに用意をすませ入渓。

最近雨が多かったがこの川は減水ぎみ。

大物は出ないと 最近よく使う 7’03”#3 を手に取る。

1か月前良かったポイントを狙うがダメ。

少し上流でN氏が良型のアマゴを。

写真を撮っているようなので先行する。

大岩の対岸側の木の下ででライズ。

大型のアマゴかヤマメを期待して1投。

鼻先が水面を割り喰いついた。

アマゴ・ヤマメらしくない重く強い引き。

7’03”#3に頼り無いティペット、汗が出る。

やはりニジマスのようだ、時間は掛かったが取り込めた。

良型の雄、下顎がしゃくれている。

あまり釣れることが無いので取れて良かった。

少し上流で。綺麗なアマゴ。

9時を過ぎ、気温が上がってきた。源流を目指す。

ロッドを6’00”#3に換え。

高原の源流帯は涼しく、魚も型の割に良く引くので楽しめた。

避暑源流釣行

酷暑が続くので体力作りも兼ねて行ってきた。

6’00” #3 にアントかビートルで事足りる涼しい小渓。

しかし、ほんとに涼しいのは日が当たるまで。

木陰を丹念に狙うと。

可愛いサイズのゴギが。

暑くなってきたので標高を求めて。



流芯に定位していた元気なやつ。

小型だがこちらも更に元気。

適当に釣り、夕方まで待つが。

期待には応えて貰えず。帰途に。

源流釣行のお便り。

ロッドユーザーのN様とI様より源流釣行の

写真をいただきました。

例年この季節になると行かれるそうで

いつも通り!の大物を写真に収められています。


 

 

 

 

 

 

 

真夏でも涼しい木陰の源流。


 

 

 

 

 

 

 

貴重な大型ヤマト。


 

 

 

 

 

 

 

純粋な雄の良型。

 

 

源流の主。

 

お・・・おぉ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

流石です。

 

 

 

 

 

 

 

ネットが小さく見えます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気に元の場所に。

 

N様、I様 素晴らしいお写真ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 7/26  渓流釣行

暑い日が続くが気分転換に行ってきた。

早朝、4時半到着。

標高の低い川。

 

気温22℃。湿度が高い。

水温は19℃もある。

 

豪雨でかなり荒れている。

良さそうなポイントを釣り上がる。

 

小渓だが竿は703” #3 を使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が当たり気温が上がるまでが朝の時間帯。

 

すぐに反応はあったが、スラックを取りきれずフッキングミス。

 

 

岩盤沿いの深めの流れ。

甲虫に似せた毛針で。元気なアマゴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

日の当たる場所反応無い。

 

 

暑くなってきたので高所に移動。

 

気温22℃。水温17℃。

湿度が少なく快適。

更に小渓流。6’00” #3 で充分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流芯で。

数匹。

 

 

 

 

 

 

 

 

フラットな流れで。ライズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいした事ないサイズ。だが、良く引く。

 

 

 

 

 

 

 

 

木陰の深み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼を過ぎても26℃。渓の木陰で食事。

クーラーボックスに入れてきたビールとおにぎり。

 

夕方まで昼寝。

 

だが、期待していた川は沈黙。

良くある事・・・帰途に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Meetup!! FlyFishing Fans OSAKA

Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA

開催日時:2018年8月5日(日)10:00~16:00

場所:サンマークス大日/C棟1階コミニュティアリーナ(大阪府守口市大日東町4番C棟)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

 

*「竹竿 見たろ、聞いたろ、触ったろ まつり」も同時開催。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、松本 一良さん、小竹 英信さんなど、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、子供、靴、バスケットボールコート、室内

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

盛況のまま終了致しました。

ご参加、ご来場ありがとうございました。

 

 

 

 


次回!予定。

催日時:2018年12月2日(日)10:00~16:00 予定

Meetup!! Fly Fishing Fans OSAKA

フライフィッシャーによるフライフィッシャーの為のワークショップ Vol.1〜

に出展参加予定です。

new rods(7’03” #3  3p 薄墨 ・7’09” #4  3p 薄墨) 他 

全てのロッドの試し振りが出来ますので、是非ご来場ください。

予定開催場所   大阪市水道記念館 〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目3-1

http://www.city.osaka.lg.jp/suido/page/0000412074.html

フライフイッシングタックルの新しい提案をするイベントです。出展者募集中!

 

源流ゴギ遠征釣行

毎年一度か二度、暑い時期にゴギを釣りに行く。

今年は中国地方で豪雨災害があったので、どうしようか迷ったが

川の様子も気になったので行ってきた。

 

約5時間、車で走って早朝4時半。

道に土砂が出ている所も有ったが無事到着。

 

気温20℃、水温17℃。

源流部なので水は多く無いが

川岸が抉られた為か倒木は多い。

 

6’00” #3 のロッドを使う。

 

15番フックに巻いた大き目のアントを

深みに落とすと

1投目からかわいいゴギが。


 

 

 

 

 

 

 

良さそうなポイントから次々と出てくる。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

ガップリと銜え込む。


 

 

 

 

 

 

 

これで、少し良型。

虫食い模様の白点とオレンジに縁どられた鰭が美しい。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

水がまだ多めなのが良かったのか、3時間ほどで満足。

 

ホームの川に3時間かけて移動。

日中は気温が上がるので、移動と休憩に充てる。

 

夕方まで食事と昼寝。

 

5時半再始動。

気温26℃、水温19℃?

おそらく、日中は水温20℃以上。

 

テスト中の 703” #3 薄墨 を使う。

流れの上の樹木が高くない場所には最適。

 

サイドやアンダーのキャストでラインを曲げたまま落とし

流芯より対岸沿いを攻める。

と、


 

 

 

 

 

 

 

体高のあるヤマメが。竿を気持ちよく曲げてくれる。

 

更に上流。

岩が積み重なった落ち込みの上流にある小さなプール。

支流の流れ込みがある。

 

高い音のするライズ。

 

すぐさま1投。

 

くわえて反転。上流へ走る。止める。

下流へ。

1段落ちる。これ以上落ちれば負ける。

6.5Xを信じて止める。

 

サイズの割に良く引いた。ヤマメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

暗闇が川を覆う前に、最後のプールへ。

 

しかし、ライズは無い。

諦めそうになって良く見ると、鏡のような水面にわずかな波。

1投。待っていると。

銜えた!

 

 

 

 

 

 

 

 

太ったアマゴ。

 

この川ではあまり見かけない。が。

良かった。

暗闇の中、車に戻り。帰途に。